投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

AmazonAudible発売しました。

イメージ
「思考カード54」1冊目のaudible版(読み聞かせ版)が本日AmazonAudibleから発売開始となりました。
ご協力いただいたAmazonの担当者の方々、日本工学院専門学校ミュージック科のみなさん本当にありがとうございました。
文章ではわからなかった、文章は読まない、車や車中で肉声でおもしろ解説を聞けたらいいのにという方々のご要望にお答えするつもりでやっと公開することができました。
思考能力、アイデア力、発想力を伸ばしたいというみなさん、ぜひ一度聞いてみてください。

移動を考える

イメージ
電車で行ってバスに乗り換えていく
自転車を車に乗せていき現地の周りをチャリで遊ぶ
電車で行き駅にスクーターを置いといて その辺を散歩しながらいく
大型バイクに乗って行きちょっと遠出をしながらいく全部用意しといてその時の気分で行くのが一番良さそうだな思考カード2

まったり日曜日

イメージ
ラムを飲んで SF小説を読む。
自転車で近所の本屋に行き新刊本を拾い読みしていた。
お茶飲みながらお互いの心情を話し合う心温まるひと時もあった。
良き日曜日かな。

cruiser で世界を旅するとしたら

イメージ
もし cruiser で世界を旅するとしたらこんな漁船もいいな
船の名はくぼたつ丸だ
世界の旅の途中で放浪しているワンちゃんに出会ったら一緒に世界を回るのもいいな
仕事なんか衛星回線つなげて船で仕事すればいいし
そのまえに船舶免許取って 航海術の腕を磨かなきゃな 思考カード54の3

やはり便利なもの

イメージ
車とコンビニとテレビをやめようと思ってから 20年経つ 。
最近はまた車に乗るようになって いかに便利かを味わっている。
ただ風を感じることができないのが寂しくて車はやめようと思ったりもする。
美味しいものは 現地に行って食べるのが一番いいがそん時簡単に済ませたいのはやっぱりコンビニだ。
テレビは捨ててしまってすっかり見ていないがたまに出張でホテルのテレビを見てるとなんと 面白いんだとずっと見てしまう 。
不思議なもんだな 人間が作り出したものからは離れ離れられない。
人間は時々作りすぎるが必要にかられて作ったものはやはり便利なものだ 。
だから僕らが 物を作るんだろうし作ることだけじゃなくて使うことの意味が 見えてきたような気がする。
今更だが 物質はそんなに悪くはない 。
もっと何か作り出してみたくなった。思考カード54の1

ノーサイド

イメージ
力と力の激突は残酷だけど見る者を魅了する。
選手たちは 見ているものよりも崇高な天空の舞台で激闘を繰り返す。
ただ一旦試合が終わればお互いの健闘をたたえあう。
持てるものを全て出し切るが運もツキもある。
良い選手は 出し切ることができるから終わった後が清々しい。
人間の闘争本能を弄ぶのがスポーツなのかもしれない。
殺し合いを遊びに変える人間の知恵なのだ。

沖縄20年ぶり

イメージ
久しぶりに来てみたら 福岡のような 横浜のような大きな街になっていた。
長い商店街を歩いた覚えがあるが今は車から眺めるだけ。
夜は人通りが多く思ったより安全なところなんだな。
奄美も5年か10年したらこんな街になるんだろうか。
主要産業が見当たらないせいだろうか、僕にはこの町に住めるような気がしない。

川のほとりの古民家

イメージ
駐車場を探していたら 神田川のほとりに庭の中に ひっそり静かにたたずむ古民家を見つけた。
水辺というのは何とも落ち着くもんだが 草花のある庭に囲まれた木造平屋の家もまたしっくりと収まっていて何ともいいもんだ。
この家は犬とか猫を飼っているんだろうか。
動物と 一緒に暮らしている家っていうのもいいもんだよな。

熱燗 でおでん

イメージ
銭湯に行きたくなって近場に行ってみたらたたんでいた。
このご時世だからなと 気を取り直して 近所にできた おでん屋の暖簾をくぐってみた。そろそろ熱燗がおいしい。
おでんを作る女将は日本人じゃない 。
一人の親父がそのガンモはそうじゃなくてと言いながら調理場に入って こうするんだよとやってみせていた。
あー下町っていいな。

生まれ故郷の 熟睡

イメージ
生まれてからこのかた三十年住んでた木造の二階 戸建
畳を新しくして布団を敷いて寝たら 八時間完全熟睡していた
翌日も完全に熟睡していた
こんなに落ち着くもんかとため息が出る
畳の新芽の香りを 嗅ぎながら今夜もぐっすり寝る夕方の ひんやりとした懐かしい空気
木造の隙間から通る外気
この家は呼吸してるから 包まれたような 安堵感の中でいられるんだな思考カード2

頭の中がごちゃごちゃ

イメージ
生徒の質問で先生だったら どんな 卒展の展示案を考えるかときたので、こんな感じになると 黒板に書きまくってみた。
まあ即興で書いた割には たぶんこんなことをやるんだろうなっていうのがよくかけてる感じがする。
オートジャイロセンサーをつけて倒れない e bike を作って 音声認識の人工知能とつなげて ダジャレを言いながら 会場に来ている人たちに質問やらジョークを浴びせて展示会場の中を走らせて笑いの渦を作る。