投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

砂時計は ひっくり返された

イメージ
人生は短く世界は広い。
仕事やっていたらあっという間にオヤジになっていた。
大急ぎで 残りの世界を回らねば。

地球の自転は時速約1700km

イメージ
El Cóndor Pasaを聴きながら今の地球が回るのを見ていた
年間のカレンダーを横に広げて今年を占っていた
Otis Ray Redding Jr.の Dock of the Bay を聞いていた高校生の夏、密航してでも海外に行こうとしていたあの波止場を思い出す

個展は作品とお人柄

イメージ
NYの小林さんが来日して町田で個展を開きます。
作品もさることながら小林さんのお人柄に触れてみてください。
日本が狭いなと感じる方はきっと突破口が見えてくると思います。

子供達に本当に必要なもの

イメージ
広場と砂場と雪の道路 があるだけでいい。
いつも人類はそうしてきたのに違いないが、何もないところから遊びを通じて色んな事を 瞬間的に考え出したり学習したりしてきた。
子供達の笑い声や雄叫びが「そうだそうだ」と歌っているじゃないか。
他には何もいらないし邪魔なだけだと。

デパ地下の幸せ

イメージ
デパ地下に行き無差別に目に入ったものを片っ端から買う いつもそうしいたが 冷蔵庫がパンパンになり けっきょく食べ残しがある。
今回は我慢してまずぐるっとデパ地下を回る。
胃袋が早く食いてえと せっつくがそれを押さえ込んで歩く。
胃液が出てきてもうこれ以上待ってね早く食わせろと言っても涼しい顔で一周回る。
2週目はだいたい目星がついているので 迷わず買う。
同じ種類の品物なら高い方を買う
こうするとデパ地下を10倍楽しむ幸せになることが分かった。

靴底のくせに 16000円

イメージ
履いてみたらなかなかいい
普段履きのスニーカーに良し、 テニスシューズに入れて ハードで動き回ってみたら これまたいい。
見えないところに 金をかけるのは 五感が満足するから 笑顔になれる。
そういえばおしゃれの基本は アンダーウェアとか 靴下とか 見えないところに気を配ることだと言ってたな。

象形文字が 教えてくれたこと

イメージ
筆に墨をたっぷり含ませて和紙に 漢字を書いた。
一つ一つ象形文字の表す意味を考えながら眺めていた。
この世にせいをうけてあれこれ感じ取ったことを漢字にしてみたら 不思議なことに 一つの大きな 意味が 浮かび上がってきた。

来年の今頃は 鬼のように 笑っていたい

イメージ
去年の 年始めには何を思っていたのかな 。
今年はこうありたいもんだと頭で考えてもなかなかそうはならない。
365日毎日その時その時が 少しずつ新しいことの連続が巡っていくことが多いからね 。
年始めにこうしたいと思うことはせいぜい1/365日ぐらいなもんだろう、
残りの364日は未知の世界が連続する日々だ。
だから こうしたいと思うことを裏切る364日を面白がることがこの一年が充実させるってことじゃないかな 。
今年は大胆に今までの生活を一新して、新たな 毎日と新たな 世界に踏み込んでみたいもんだ。
そんな冒険心が365日毎日続く気持ちでありますように。
来年の今頃は 去年はよく暴れたもんだと笑っていたいな。